2019年10月~人形町・甘酒横丁の旅

2019年10月~人形町・甘酒横丁の旅

東急系ケーブルテレビ局 iTSCOM TVで絶賛放送中の「古今東西」

2019年10月 1日~ 10月 31日の放送は、人形町にある「甘酒横丁」を俳優の佐々木隼さんが訪ねます。
江戸時代に通りの入り口に尾張屋と言う甘酒屋があり、明治座や歌舞伎、水天宮参りに来た人々が甘酒を飲み賑わっていたことから「甘酒通り」と呼ばれたのが起源となる「甘酒横丁」。
昭和の初めに尾張屋は閉店してしまっていますが、甘酒の灯を残すために横丁のお店の方々が努力し現在も甘酒を提供し続けています。

まずは、その甘酒を「とうふの双葉」でいただき、江戸の風情を味わい、自慢の「豆腐」や豆乳から造る「とうふのドーナツ」も手造りならではの昭和の頃にあった懐かしい美味しさを味わいました。

そして、すき焼きで有名な今半の「すき焼きコロッケ」に140余年の歴史を持ち明治座の差し入れとしても有名な「志乃多寿司總本店」では、自慢の絶品いなり寿司とのり巻きをいただきました。

和雑貨の「日本橋ゆうま」は東野圭吾さんの小説『新参者』にも登場するお店で小説にも出てくる気風の良い女将さんがいろいろと説明してくれるのできっと欲しい逸品が見つかるはず。

最後は、東京のたい焼き御三家の一角を担う「柳家」の一枚一枚金型で焼いた薄皮パリパリのたい焼き。昼過ぎには長蛇の列ができていますが、並んでも食べたいたい焼きです。

お楽しみに!

【information】

とうふの双葉 東京都中央区日本橋人形町2-4-9 
tel:03-3666-1028

営業時間 7:00~19:00
明治40年11月創業、昭和23年12月に人形町に店を構え店名も「双葉商店」と改名。
がんもどきは、人気のジャンボがんもをはじめ、銀杏がんも、栗がんも、野菜がんもとございます。ふっくらとしたおいしいがんもどきは、一品一品丹精をこめた手作りで、それぞれの素材を生かすため、素地も分けて製造しております。
2階の「豆腐料理双葉」におきまして当店自慢の製品を使った、各種料理をとり揃えておりますので、是非ご利用下さい。


人形町 志乃多寿司總本店  東京都中央区日本橋人形町2-10-10 tel:03-5614-9300
営業時間 9:00~19:00
人形町志乃多寿司總本店は明治10年創業、140年の歴史を持つ大阪寿司の専門店です。
『美味しいをつなぐ』をコンセプトに、創業当初よりの伝統の味を守り続けてまいりました。同業他社が作業をどんどん機械化していく中、現代も変わらず手作業にこだわり、手間暇かけた商品作りを続けております。
看板商品のいなり寿司は、完成までに3日間の時をかける、材料と製法にこだわりぬいた究極の一品でございます。
運動会やお花見など特別なハレの日のお弁当として…、
舞台の差し入れや手土産として…、
お子様のオヤツや、家族団らんの一品にも…、
日常生活を彩る様々な場面でみなさまに、ご愛顧頂いております。

日本橋ゆうま 東京都中央区日本橋人形町2-32-5 tel:03-3808-1780 営業時間 10:30~18:30
日本橋ゆうまは、日本製にこだわります。
職人一人ひとりの想いがこめられた当店オリジナルの商品をはじめ、
作り手の顔が浮かぶ商品を中心に、数多くの和雑貨を取り揃えております。

 


柳屋  東京都中央区日本橋人形町2-11-3 tel:03-3666-9901 営業時間 12:30~18:00
創業大正5年の老舗
餡は北海道産小豆をふっくらと煮上げ、精度の高めの砂糖を加え練り上げます。小豆の風味を生かしたできたての餡を使用しております。名わき役の皮は薄め。
30分待ちは当たり前の人気店です!

 

 iTSCOM TV 番組視聴方法

「古今東西」AmebaOwnd

 

201910