2021年09月~横浜 歴史を探す旅!

2021年09月~横浜 歴史を探す旅!

東急沿線のケーブルテレビ イッツコムチャンネル アクセス(CATV 114ch)にて絶賛放送中の「古今東西」。
2021年9月の放送は、横浜市で「歴史を探す旅!」
前回に引き続き雨が降ったりやんだりする中での収録となりました。

今回は、横浜のキング・クイーン・ジャックの三塔を巡る旅からスタート!
「三塔を同時に見ると願いが叶う」、と言う噂?が本当かどうか検証するため、日本大通りの三塔が見れるスポットから眺め、実際に三塔を巡ってみました。

続いては、横浜発祥の食べ物探しで、まずはアイスクリーム発祥の地で当時の味を再現したアイスクリームを試食。卵と生乳がメインのカスタード味でとっても美味しかったです!

そして、誰もが知る有名な現代食パンの発祥「ウチキパン」さん。
食パンの基になった「イングランド」は、皮はフランスパンの様なカリッと感で中はしっとりモチモチの絶妙な味で、130年以上も愛されている理由が理解できます!
芸能界でもファンが多く、ベンツやBMWで購入しに行く方も多いのも納得できます。
ちなみにこの番組のPもウチキパンのイングランドのファンで休みの日に「電車」で買いに行くそうです笑

最後は、レーズンサンドで有名な「横浜かをり」さん。
本店のある場所は、元日本初のホテル、「ヨコハマホテル」のあった場所で「ホテル発祥の地」であり「日本の西洋文化発祥の地」。そんな歴史ある場所で営業する横浜かをりで一番人気の「レーズンサンド」を試食。

今回、晴れていたら海を見ながら公園でウチキパンのイングランドと横浜かをりのレーズンサンドをいただこうと考えていましたが、残念ながらの雨模様。室内での撮影となってしまいました。
でも味は大満足!でした。

【information】

ウチキパン 横浜市中区元町1-50 tel:045-641-1161  営業時間 09:00~19:00(要問合) 定休日:月曜日
パンの本流は大型イギリス風山型及び角型食パンであり、日本の食パンの元祖ヨコハマベーカリーの経営者ロバートクラークがイギリスから横浜にやって来たのは文久2年1862年。
イギリス人クラークのヨコハマベーカリー、その衣鉢をひきつぐものはヨコハマベーカリー宇千喜商店であり、現在のウチキパン株式会社である。
この食パンの発祥地が横浜だと言うことは、横浜が現代のパン食文化の発祥地である。
この歴史あるパンは100年以上経った現在でも日本人に好まれている。

横浜かをり  横浜市中区山下町70 tel:045-681-4401  営業時間 10:00~19:00(要問合)
横浜かをりは、ホテル・洋食・洋菓子をはじめとする様々な西洋文化の発祥の地といわれる「山下町70番地(旧外国人居留地七十番)」に本店ショップを構える横浜で老舗の洋食レストラン・洋菓子店になります。(レストラン、カフェは現在休止中)
横浜かをりを代表する「レーズンサンド」は、高級ブランデーにたっぷり浸し、時間をかけて作り上げたカリフォルニアレーズン。そして口あたりの良い上品な甘さのクリーム。このふたつを上質なバターを使ったホームメードクッキーではさみました。
試行錯誤の末に商品化した「かをり」のベストセラー!「幸運のたまご」は、バニラとアーモンドのクリームにほのかな甘さとロマンの香り漂う可愛いたまご。

 

➡ イッツコムチャンネルアクセス 視聴方法    

➡ YouTube チャンネル

古今東西 AmebaOwnd

【YouTubeで視聴!】

 

 

202109